名護 車買取査定のチェック項目

車買取査定でチェックされる項目とは

自分が大切に乗っている車や、今まで乗っていたけど不要になった車を車の買い取りに出すことがあります。

 

車買取査定では車の様々な部分をチェックして査定額を算出されますが、その様々な部分の中には重要なポイントとなるチェック項目があります。

 

まず最初にチェックされるのは車種、年式、グレードで、これが買い取り額のベースを計算するためのポイントとなります。

 

次に走行距離の長さです。標準年間総距離が計算のポイントとなるのが基本で、一般的には年間65000キロが年間走行距離の平均値とされています。平均的な走行距離よりも少ない場合はプラス査定になる可能性があります。

 

車体の色(ボディーカラー)もポイントとなります。基本的には人気のある色である場合には人気がない色よりも査定額はアップします。さらに色あせなどがあるかないかも細かくチェックされます。

 

車の修理歴がある場合はマイナス査定になると思っておく方が無難です。見た目を完璧に戻せたとしても買取査定のプロには通用しませんので下手な期待を持って査定に臨むよりも精神的ダメージが少なくてすみます。

 

また、装備品やオプションも査定の際にチェックされる項目です。装備品は車の走行自体には関係がありませんので修理したことがあっても大きくマイナスになることはありませんが、故障したままであったり調子が悪い状態である場合にはマイナスになってしまうことがあります。オプションにはカーナビなどがありますが自分で外したりせずにそのまま査定に出すほうがプラスになることが多いです。