名護 ローン中の車を売る

ローンが残っている車でも買取してもらえる?

ローンが残っている車があるけれどもう乗らないなどの理由で車を手放したくなった場合、すんなり車を買取してもらえるかどうか心配ですが、基本的にローンの残債が残っていても車を売ることは可能です。

 

まず確認するのは「その車が誰の名義になっているのか」です。

 

自動車ローンを組んだのが銀行などの場合、車の所有者の名前が自分になっていれば何の問題もなく車の買取を依頼することができます。この場合には車を買取してもらった後もカーローンの返済は続いていくので、車を売ったお金で繰り上げ返済を済ませておく方が良いと思います。その方が借金が減ってスッキリしますからね。

 

トヨタや日産などのようなディーラーでローンを組んだ場合には車の所有者がディーラーや信販会社の名義になっているのが一般的です。ローンが支払えなかった時のための保険としてそのようになっているのです。

 

この場合には本来は残債を支払い終えてからでなくては買取してもらえないのですが、大手の中古車販売店などは売却額から残債をディーラーや信販会社に一括で支払う、ということを行ってくれます。売却額の方が高ければ残ったお金は手元にやってきますが、売却額の方が低ければ現金で差額分を支払ったり、差額分を新たにローンを組んで返済を行うという方法があります。