名護 車を売る時の必要書類

車を売る時にどんな書類が必要?

車を売る際にはいくつかの書類が必要になります。必要書類のほとんどは車を運転するなら必ず所持しておかなければいけないものですが、もし紛失している場合は車を売却することができなくなりますので、関係機関で再発行の手続きをしてもらわなければいけません。

 

自動車の売却の際に必要になる書類は車検証、自賠責保険証書、自動車税の納税証明書、リサイクル券、印鑑証明書です。これらの書類以外にも、引っ越しなどで住所が変更されている場合は住民票も必要になります。

 

車検証や自賠責保険証書は、多くの人が自動車の中で保管しているものなので紛失の心配はないかもしれませんが、納税証明書はすでに捨ててしまっているケースもありますので、その場合は役場で再発行してもらいましょう。

 

リサイクル券に関しては、リサイクルシステムのホームページからリサイクル料金の預託状況を印刷することでリサイクル券の代わりにすることができます。紛失してしまっている場合はこの方法を利用するといいでしょう。

 

なお、これら以外にも委任状や譲渡証明書などが必要になりますが、これらの書類については車の買取り店側で用意してくれますので安心してください。ただ、書類に使用する印鑑は実印となりますので、印鑑登録証と同じものを準備しておくことを忘れずに。

 

どうですか?必要書類と言っても用意するのにそれほど難しくない書類ばかりなのですよね。もし、車を売却する際は忘れずに準備してくださいね!